用語集

トップページ > 用語集

あ行

後飾り (あとかざり) 後飾りとは、火葬場から戻った遺骨を四十九日法要の忌明けまで飾る小祭壇のことをいいます。
一周忌 (いっしゅうき) 一周忌とは故人の死後ちょうど一年後の祥月命日の法要の意味です。

か行

冠婚葬祭 (かんこんそうさい) 冠婚葬祭とは日本古来の四大礼式のことです。

さ行

四十九日 (しじゅうくにち) 四十九日とは一般的に故人が亡くなって四十九日目に行なう法要のことをいいます。

た行

檀家 (だんか) 檀家とはお寺に所属し宗旨を守っている人のことです。

な行

納骨 (のうこつ) 納骨とは死体を火葬した後に、骨壷に納めることをいいます。

は行

初盆 (はつぼん) 人がなくなって、最初に迎えるお盆のことを「初盆」といいます。

ま行

埋骨 (まいこつ) 埋骨とは故人の骨を葬ることをいいます。

や行

遺言 (ゆいごん) 遺言とは死期が迫った人が言葉を残すことをいいます。

ら行

霊柩車 (れいきゅうしゃ) 霊柩車とは遺体を納めた棺を運ぶための車のことをいいます。

わ行

別れ花 (わかればな) 別れ花とは最後のお別れのときに、棺の中に入れるお花のことをいいます。
このページの先頭へ